当プロジェクトについて

司法当局とITセキュリティ企業は、サイバー犯罪ビジネスとランサムウェアのつながりを撲滅するために、連携協力しています。

Web サイト「No More Ransom」は、オランダ警察の国家ハイテク犯罪ユニット、ユーロポールの欧州サイバー犯罪センター、およびカスペルスキーと McAfee の 2 社のセキュリティ企業がイニシアチブをとっています。ランサムウェアの被害者が、犯罪者に不当な支払いを行わずに、暗号化されたデータを取り戻せるように支援することを目的としています。

システムが影響を受けてから脅威に対処するよりも、脅威を回避する方がはるかに容易であるため、当プロジェクトでは、ランサムウェアの仕組みや、感染を効率的に防ぐために取ることができる対策について、ユーザーに周知することも目的としています。当プロジェクトを支援する団体が増えるほど、得られる成果も大きくなります。他の公共団体および民間団体も、この取り組みに参加することが可能です。