被害防止の助言

WannaCry に関する追加の対策アドバイス

  1. smb v1 を無効にする:こうすることで、あなたのネットワーク内で Wannacry が拡散することを防ぎます。
  2. マイクロソフトのパッチをインストールする:こうすることで、あなたのネットワーク内で Wannacry が拡散することを防ぎます。詳細については、こちらをクリックしてください。

ランサムウェアによる攻撃を防止するには

  1. とにかくバックアップを作成する:ランサムウェアに感染しても、個人データが完全に破壊されないように、復旧システムを配置します。バックアップコピーを 2 つ作成するのが最適です。その場合、1 つをクラウド内に保存し(ファイルを自動バックアップするサービスを使用)、もう 1 つを物理的に保存します(ポータブルのハードドライブ、サムドライブ、追加のラップトップなど)。バックアップコピーを作成したら、これらをPCから切断します。バックアップコピーは、重要なファイルを誤って削除した場合やハードドライブに障害が発生した場合にも役立ちます。
  2. 堅牢なウイルス対策ソフトウェアを使用してシステムをランサムウェアから保護する:「ヒューリスティック機能」はオフにしないでください。まだ正式には検出されていないランサムウェアのサンプルを取得することに役立ちます。
  3. PC上のすべてのソフトウェアを最新の状態に保つ:オペレーティングシステム(OS)やアプリケーションの新しいバージョンがリリースされたら、新しいバージョンをインストールしてください。また、ソフトウェアに自動更新オプションがある場合は、このオプションを使用してください。
  4. 安易に情報を信用しない:どのアカウントも、セキュリティが侵害される可能性があり、ソーシャルメディアの友人、同僚、オンラインゲーム仲間などのアカウントから悪意のあるリンクが送信される可能性があります。知らない人から受け取った電子メールの添付ファイルは、開かないでください。サイバー犯罪者から、偽の電子メールメッセージが配信されることはよくあります。これらのメッセージはオンラインストア、銀行、警察、裁判所、税務署からの電子メール通知に非常に似ており、悪意のあるリンクをクリックしてシステムにマルウェアを送り込むように受信者を誘導します。これは、「フィッシング」と呼ばれています。オペレーティングシステム(OS)やアプリケーションの新しいバージョンがリリースされたら、新しいバージョンをインストールしてください。また、ソフトウェアに自動更新オプションがある場合は、このオプションを使用してください。
  5. PCの Windows 設定の「ファイル拡張子表示」オプションを有効にする:これにより、悪意のある可能性があるファイルをかなり容易に見つけることができます。ファイル拡張子が「exe」「vbs」「scr」のようなファイルは開かないようにしてください。犯罪者は、さまざまな拡張子を使用して悪意のあるファイルを動画、写真、ドキュメントなどとして偽装する(hot-chics.avi.exe や doc.scr など)ことが可能です。
  6. 不正なプロセスや不明なプロセスがPCで見つかった場合は、直ちにインターネットまたは他のネットワーク接続(自宅の Wi-Fi など)からPCを切断する:そうすることで、感染が広がるのを防ぎます。